風営法違反についての罰則

MENU

時時、項目で不法に営業されていた風俗店頭の店長などが逮捕され、店頭のオーディエンスなども連行繋がるDVDが流れています。店頭のオーディエンスも捕まってしまうのではないかと思われている方もいますが、風営法自体は徹頭徹尾店頭に課せられた常識であり、風営法犯行といっても、その罰則規定の考えはあくまで店頭や担当近所だ。裏打ち探索のために店頭のオーディエンスが警察署で由縁聴取を乗り越える場合はありますが、なんらかの犯行をしていない以上は言及を聞いたらたちまち釈放されます。 風営法犯行の罰則は、無了承商売、不法作戦による了承の継続、名義貸し、商売停車対処犯行が頂点重く、懲役2時代後半もしくは200万円以下の罰金が科されます。いずれの場合も犯行の温床になりやすく、別に名義貸しは脱税のショートカットで通じることが多いです。そのため、これらの犯行は風営法犯行の取り分け厳しい罰則となります。次に、商売職場の構造又は器機を承認せず変更したグッズ、18年齢内の自身をオーディエンスとして立ち入らせた対応は1時代以下の懲役、100万円以下の罰金だ。ディスコやダンスホールとして了承を出されたのに勝手にスイッチをし、実態はもういかがわしいお店頭だったということが時時あります。こういうことに対応するための罰則だ。 他にも外人従業方に対する罰則や担当カタログの備え付け犯行、真夜中における酒類供給の依頼を打ち切るといった異変でも罰則を受けます。風営法犯行で逮捕繋がる場合は、近所のクレイムや担当の内部告発、オーディエンス同士のいざこざや同業者の伝言などで警察官が動き、一発で逮捕繋がることもあれば、何回か注意を発し、それで逮捕始める場合もあります。細かな決まりごとが風営法にはあり、どうにも知りにくさもありますが、仮にそういったお店頭ではたらく場合には気をつけておいた方がいいでしょう。

関連ページ

違法キャバクラ
違法キャバクラとは?風営法に違反する運営方式のキャバクラが後を絶たない理由とは?
風営法で規定される業種
風営法で規定される「風俗営業」とはどんな業種?その他にも届出が必要な営業種とは?
深夜0時以降にお酒を提供したい場合
深夜0時以降(から日の出まで)にバーや居酒屋等でお酒を提供したい場合も注意!うっかり風営法違反にならないようにしよう!
風営法違反とは
風営法違反になる条件とは?風営法違反になる例、ならない例を徹底解説!
風営法違反に値する行為
風営法違反に値する行為とは?風営法違反になる活動、ならない活動をお教えします。