風営法違反に値する行為

MENU

風営法という常識があります。こういう風営法とは果してどういう内容の常識なのかというと、風俗に関連した悪行の阻止を目的とした常識であり、例えば売春を厳禁したり、賭博行いを行なうことを厳禁したりすることがこれに当てはまる。形式言い方は風俗仕事取締法といいます。こういう風営法ですが、具体的にどういうことをすれば悪業になるのかというのは大して知られていません。風営法悪業に陥る没頭というのは、例えば、キャバクラなどのケア行いを立ち向かう働き手の年頃が18年代以上であるということが定められてあり、18年代内のお客を係として雇うことは悪業になります。よくテレビジョンの文などで、ガールズバーが摘発されたという案内を見聞きすることがありますが、これは大抵の例、18年代内のティーンエイジャー人を係として就業していたことが発覚して、社主が逮捕されたというケースがほとんどです。18年代内のティーンエイジャーにケア行いをさせることは、風営法悪業になります。では、風営法悪業にならない代物として、どういうものがあるのかというと、具体的に言えばお手伝い喫茶がこれに当てはまる。お手伝い喫茶はケア行いではなく、ユーザーに対してジュースや食材などを運ぶ通常の姿勢行いだと見なされているため、風営法悪業にはならないとされています。お手伝い喫茶のユーザーと係は、幾らかくらい話したりすることがあるかもしれませんが、これは一礼程だとみなされてケア行いにはなりません。ですが、もしもお手伝い喫茶の係とユーザーがゲームなどの行いをしたとすれば、これがケア行いだとして悪業になることがありますので、充分に注意しなければなりません。いずれにしても悪業になるかならないかは、風営法に明確に記述されています。

関連ページ

違法キャバクラ
違法キャバクラとは?風営法に違反する運営方式のキャバクラが後を絶たない理由とは?
風営法で規定される業種
風営法で規定される「風俗営業」とはどんな業種?その他にも届出が必要な営業種とは?
深夜0時以降にお酒を提供したい場合
深夜0時以降(から日の出まで)にバーや居酒屋等でお酒を提供したい場合も注意!うっかり風営法違反にならないようにしよう!
風営法違反とは
風営法違反になる条件とは?風営法違反になる例、ならない例を徹底解説!
風営法違反についての罰則
風営法違反で取り締まられた際の罰則は?風営法違反で逮捕される例とは?