風営法について

MENU

風営法とは、「風俗セールス等の統制及び業務のノーマライズ周辺に関する取り決め」のことです。風俗セールスとは、客に遊興・飲食などをさせるセールスの総称を言い、その第2条によって業務が定められています。そして、同条第1項第1号から第8号のセールス、8種類が風俗セールス法に定められている「風俗セールス」だ。性能は、遊技立場と食堂ですが、食堂は大きく分けて2つがあります。一つは「便宜食堂セールス」だ。はじめ号はキャバレー周辺だ。2号は一般的に「人付き合い食堂」といわれるもので、作業場を設けて客に便宜し飲食させる店だ。お菓子、キャバクラ、バー、チームなどだ。もう一つは、「便宜のない食堂周辺セールス」で、3号セールスといわれるものです。 ディスコ、ナイトクラブ、舞踏食堂周辺だ。4号セールス ダンスホール周辺、5号セールス 輝きが物悲しい食堂、6号セールス 他から見透かすことが困難であり、かつ、その広さが5u以下である卓を設けて営む食堂だ。また、遊技立場セールスとして7号セールス パチンコ店、マージャン店 8号セールス ゲームセンター等があります。これを営むときはお巡りさんに送ります。 風俗セールス法にかかわらず、その他にも届出が必要なセールス誘因には、暖簾形性風俗特別セールス、無暖簾形性風俗特別セールス、V送達形性風俗特別セールス、暖簾形テレフォンロマンス記録セールス、無暖簾形テレフォンロマンス記録セールス、真夜中スピリッツ支給食堂セールス(ただし、食堂、ラーメン店等のように、世の常主食と見て取れる飯を提供して、副次的にお酒を提供しているようなお店は、該当しません。)これらはお巡りさんに送り届けます。また、保健所に送る雑貨としては、身近なところで、ビューティー業務・理容業務、宿屋業務、市民浴場業務、クレンジング業務、そして検査業務・獣医業務などがあります。

関連ページ

違法キャバクラ
違法キャバクラとは?風営法に違反する運営方式のキャバクラが後を絶たない理由とは?
深夜0時以降にお酒を提供したい場合
深夜0時以降(から日の出まで)にバーや居酒屋等でお酒を提供したい場合も注意!うっかり風営法違反にならないようにしよう!
風営法違反とは
風営法違反になる条件とは?風営法違反になる例、ならない例を徹底解説!
風営法違反についての罰則
風営法違反で取り締まられた際の罰則は?風営法違反で逮捕される例とは?
風営法違反に値する行為
風営法違反に値する行為とは?風営法違反になる活動、ならない活動をお教えします。