深夜0時以降にお酒を提供したい場合

MENU

ミッドナイト斡旋とは、ミッドナイト午前0事例から日の出事例までにおいて、バーや居酒屋などの会場にリカーを提供するレストランのことをいいます。深夜にリカーを盛り込むラーメン職場や牛丼職場などがありますが、主食と認められる食品の備えがメインで、リカーは付随的に提供しているレストランは、ミッドナイト斡旋には該当しません。 ミッドナイト斡旋は、会場に便宜することができません。便宜を立ち向かう場合には風営法に従って風俗斡旋の公認が必要となります。 便宜とは、風営法によれば、歓楽的事情を差し出す方法により会場をもてなす振る舞いで、深夜にバーを斡旋したいと思っても、風営法の便宜に当てはまるとみなされると、風俗斡旋の公認が必要になってしまいます。 もし風俗斡旋として斡旋すれば、こんどは深夜に斡旋を続けることができないので、注意が必要です。 風営法で言う便宜とは、判定少数の会場の横に座って、演説を楽しんだりするのは便宜にあたり、またバーカウンター越しに特定の会場と長く談笑するのも便宜としてみなされます。そのためガールズバーなどを解く事例などには、風営法犯行と達する場合があるので、注意が必要です。 ただ会場との談笑が直ちに犯行となるのではなく、結構長く、特定の会場と話したり、そばに居るという先が重要で、直ちにその場を別れるのであれば、便宜とはなりません。 便宜の残るミッドナイト斡旋をしたいと考えた都合、風俗職場斡旋公認も献上に摂ればいいと練る他人もいるかもしれませんが、ミッドナイト斡旋と風俗職場斡旋公認は一緒に並べることはできません。そのため便宜の残る風俗斡旋のお職場を開けば、ミッドナイト0事例以降に斡旋することができませんから、ミッドナイト0事例以降に斡旋するには、便宜の無いミッドナイト斡旋をすることになります。 またその際には、客寄せを止める、18年代内のやつを22事例以降に働かせない、18年代内の会場を22事例〜日の出までは立ち入らせない、会場を便宜止める、ミッドナイト0事例以降に会場に遊興断ち切るなどの決まりを守らなければなりません。

関連ページ

違法キャバクラ
違法キャバクラとは?風営法に違反する運営方式のキャバクラが後を絶たない理由とは?
風営法で規定される業種
風営法で規定される「風俗営業」とはどんな業種?その他にも届出が必要な営業種とは?
風営法違反とは
風営法違反になる条件とは?風営法違反になる例、ならない例を徹底解説!
風営法違反についての罰則
風営法違反で取り締まられた際の罰則は?風営法違反で逮捕される例とは?
風営法違反に値する行為
風営法違反に値する行為とは?風営法違反になる活動、ならない活動をお教えします。