カップル喫茶のシステム

MENU

両人喫茶のユニットは、ほとんどがメンバーズオンリーだ。 旦那も女性も参入金銭を支払って仲間になり、入サロンするユニットになっています。 参入するときは、基本的にカップルである男女が揃って参入行う。 男女のカップルであればつながりは問われないので、必ず夫婦である必要はありません。 妻の関係でも、両人喫茶に参入することができます。 また、メンバーズオンリーの両人喫茶によっては、旦那独自や妻単独で参入することも可能です。 入サロンするために払う参入金銭は、両人友人なら2,000円から5,000円が賭けだ。 旦那独自なら2,000円から、妻独自なら惜しくも安くて1,000円次元が賭けになっています。 域によって差はありますが、参入金銭の賭けは両人友人が安く、旦那独自は至高高いです。 また、参入するときには参入金銭の他に、身許資格の記載を求められる場合もあります。 どんどん、今や仲間になっている人からのお披露目がなければ、訪問できないメンバーズオンリーの両人喫茶もあります。 簡単なポジションの確認やお披露目制の両人喫茶も、物珍しいシステムではありません。 メンバーズオンリーの両人喫茶の仲間になっても、入サロンするときには入サロンチャージが必要です。 入サロンチャージの賭けは旦那独自なら5,000円から、妻独自なら1,000円次元だ。 カップルで入サロンなら6,000円からで、とにかく単価を支払えば無料でお酒は呑み放題となっています。 また、入サロンチャージも参入金銭と同じく妻独自は優遇されるシステムで、女性は無料の両人喫茶もあります。 妻の訪問を促すために、女性はお得なユニットになっています。 メンバーズオンリーの両人喫茶に行くなら、まずは採用しているユニットと単価の賭けについて知っておきましょう。

関連ページ

カップル喫茶とは
カップル喫茶って何?どうやって使うの?怪しいお店?
同様の業態
カップル喫茶と同様の業態を取っているお店ってどんなお店?
カップル喫茶の歴史
カップル喫茶の歴史とは?以前はカップル喫茶はなかった?
カップル喫茶のルール
カップル喫茶を利用する際のルールとは?同伴して入らなきゃダメ?
一般喫茶との違い
カップル喫茶と一般喫茶の違いとは?