カップル喫茶のルール

MENU

何時ぞや、夫妻喫茶と呼ばれる同伴喫茶がありました。 基本的には、男女同伴が常客となってあり、カップルで共に入売り場するカフェのことを指します。 同伴喫茶とか、アベック喫茶とも言われています。 個室風に利用できる創造になっているところから、中には、飲酒やタバコ、不純異性交遊、薬物ゲームなどに利用されることもあり、一種の社会問題として通知されたこともありました。 その後、法改定などで条項を設けられながらも、1990階級に夫妻喫茶として定着したのです。 夫妻喫茶には、一般的なルールとして、次のようなものがあります。 一つは、風俗業界、すなわちデリヘルやデート組などからの派遣女性が入売り場することは禁じられています。 旦那だけでの入売り場は断られても、女性であれば独身での入売り場は許可されるのが普通です。 しかし、風俗嬢が職種として入売り場しようとした場合は、リジェクトされるのです。 また、店内では、売り場で知った非公開に関する件を他の場所で言ったり、WEB等で公表することは禁止されています。 あわせて、承認を得ないで撮影したり、記録することももってのほかだ。 中には、テレフォンはスマフォの搬入が許されていない売り場もあるほどだ。 状勢系統に、こういった掟が守られているかどうかはやはり、密室の中でなんでも行えるわけではありません。 なお、夫妻喫茶は女性が多いほうが有名が上昇するのは当然だ。 そこで、サクラの女性が登場するのも珍しくありません。 カップルで入売り場するのが基本ですから、旦那の相手のふりをして、女性のサクラが入売り場することもあるのです。 また、女性が他の旦那から強引に迫られることもあります。 無論、思いが進まなければイヤッすればいいのです。 大きな本音を出せば、店員が結末に入ってもらえる。

関連ページ

カップル喫茶とは
カップル喫茶って何?どうやって使うの?怪しいお店?
カップル喫茶のシステム
カップル喫茶のシステムってどうなってるの?会員制?
同様の業態
カップル喫茶と同様の業態を取っているお店ってどんなお店?
カップル喫茶の歴史
カップル喫茶の歴史とは?以前はカップル喫茶はなかった?
一般喫茶との違い
カップル喫茶と一般喫茶の違いとは?